原作|東 直己NAOMI AZUMA

原作|東 直己

Profile

1956年生まれ、北海道札幌市出身。北海道大学文学部哲学科中退。ススキノでその日暮らしの一方、家庭教師、土木作業員、ポスター貼り、カラオケ外勤、タウン誌編集者などの職業を経て、92年「探偵はBARにいる」で作家デビュー。本作を含む〈ススキノ探偵〉シリーズは、計12巻に及び、累計160万部を超える人気シリーズとなる。ほかにも、<探偵・畝原シリーズ>、小説、エッセイなど著書多数。その多くは札幌、北海道が舞台となっている。01年に「残光」で第54回日本推理作家協会賞を受賞。現在も札幌在住。


[ススキノ探偵シリーズ]

「探偵はバーにいる」 (1992年)
「バーにかかってきた電話」 (1993年) *映画『探偵はBARにいる』原作
「消えた少年」 (1994年)
「向う端にすわった男」 (1996年) *短編集
「探偵はひとりぼっち」 (1998年) *映画『探偵はBARにいる2』原作
「探偵は吹雪の果てに」 (2001年)
「駆けてきた少女」 (2004年)
「ライト・グッドバイ」 (2005年)
「探偵、暁に走る」 (2007年)
「旧友は春に帰る」 (2009年)
「半端者 –はんぱもん-」 (2011年)
「猫は忘れない」 (2011年)