人のものを盗っちゃいけないな。

北城仁也

リー•フランキーLILY FRANKY

札幌経済界のホープともてはやされる、北城グループの社長。表向きは慈善活動に積極的な人道派だが、実は異常なまでのサディスト。ヤクザと盃を交わし、あらゆる悪事に手を染めている。


Comment

吉田監督には別の作品でお世話になっていますし、洋ちゃんや龍平くんとご一緒できるのもすごく楽しみでした。探偵と高田は決してベタベタしていないんだけど、最後の最後でお互いを信頼できるっていうとてもいいバディ関係。3作目にもなるとそこが成功していないと難しいと思うので、お二人の空気感があってこそなのかなと思います。
北城に関しては、不気味さはあっても結局は小悪人なのかなと。大きな悪い組織にケツを持ってもらってコチョコチョと悪事を働くっていう、実は一番世の中にいそうな悪人なんじゃないですかね。SMも少しかじってるくらいのいわゆる普通の人だし、本当にやばい人のちょっと手前くらいは意識して演じていました。
ただ北川さんの髪をつかんでテーブルに叩きつけるシーンは、緊張しましたね。最初はあんな美人の髪をつかんで投げるなんて、お金払ってでもしたい仕事だなと思っていたんですが(笑)、実際の北川さんは作りがすべて繊細で。あのシーンに限らず暴力的なシーンはどれも緊張しましたよ。天山さんの口にカニを突っ込むシーンですら、気を遣いましたからね!


Profile

1963年11月4日生まれ、福岡県出身。俳優業のほか、イラストレーターや小説家など多分野で活躍。06年に自身初の長編小説「東京タワー~オカンとボクと、時々オトン~」が本屋大賞を受賞し、テレビドラマや映画、舞台になりベストセラーとなる。映画では『ぐるりのこと。』で第51回ブルーリボン新人賞、『そして父になる』で第37回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。第40回日本アカデミー賞、第59回ブルーリボン賞でそれぞれ優秀助演男優賞を受賞。今後も『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』、『パーフェクト・レボリューション』と公開作が続く。