映画『探偵はBARにいる3』

INTRODUCTION

命を燃やすものは、あるか?

邦画界唯一にして無二。
時代が求めたエンターテインメント。

妖しいネオンが瞬く、アジア最北の歓楽街=札幌・ススキノ。
この街の裏も表も知り尽くした、自称「ススキノのプライベートアイ」――探偵。

札幌在住のミステリー作家・東直己の「ススキノ探偵」シリーズは、長年ミステリーファンに愛され累計発行部数160万部を超える東氏の代表作。ススキノを縦横無尽に駆け回る探偵の活躍を、ハードボイルドに紡いだこの原作が、2011年『探偵はBARにいる』で初の映画化。主人公=探偵に大泉洋、その相棒=高田には松田龍平。本作が全くの初共演となる2人だったが、その相性は予想以上。ハードな世界観を絶妙なハーフボイルドに落とし込み、唯一無二の存在感を発揮。日本アカデミー賞優秀作品賞をはじめ数々の映画賞を受賞し、映画史に残る名コンビとして幅広い世代の心をつかむことになる。続く2013年に公開された『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』もヒットを記録し、誰もが次作を待ち望む人気シリーズとして、確固たる地位を築いた。大泉洋自らが舞台挨拶の場で「パート3やります!」と公言してから、早4年……。俳優としてさらなる飛躍を遂げた2人が、ついにススキノに帰って来る! まさに満を持してのシリーズ第3弾は、探偵ファンの期待をはるかに超える“シリーズ決定版”と呼ぶにふさわしい。

【探偵】大泉洋 ×【その相棒】松田龍平 ×【新たなヒロイン】北川景子
豪華ゲスト&おなじみの <ススキノの住人達> も集結。

主人公=探偵には、もちろん大泉洋。NHK大河ドラマや話題作への出演が続き、今や引く手あまたの超人気俳優となった大泉だが、本作にかける思いは特別。お茶の間で愛される明るいキャラクターとは一味違う、男くささと時に哀愁をも漂わせながら、誰もが認めるはまり役となった探偵を熱演する。 探偵の相棒兼運転手を務める高田には、常に新たな表情で独自の存在感を放ち続け、話題ドラマ「カルテット」(TBS)での好演も記憶に新しい松田龍平。探偵の窮地には必ず「遅れて」やって来る高田を今回も飄々と演じ、シリーズファンを歓喜させること間違いなし。
そして注目のニューヒロインには、映画、ドラマと幅広く活躍する北川景子。ひれ伏したくなるような絶対的な美しさと、時折見せる子供のような無邪気さで、探偵の心を激しく惑わせる。 事件のカギを握る女子大生役に前田敦子、闇社会で暗躍するシリーズ史上最凶の悪役と噂される男にリリー・フランキー、探偵の記憶の手がかりとなる伝説の娼婦役に鈴木砂羽、高田を打ち破る強敵役に若手実力派俳優・志尊淳など、豪華新キャストが続々集結。人気シリーズに容赦なく新風を吹き込んでいく。
もちろんおなじみのメンバーたちも健在。田口トモロヲ、マギー、安藤玉恵、篠井英介、松重豊、土平ドンペイ、片桐竜次などのレギュラーキャストが続投するのもシリーズならではの醍醐味である。

監督は国民的人気を誇ったNHK連続テレビ小説「あまちゃん」、映画『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』、『疾風ロンド』などを手がけた吉田照幸を大抜擢。「この映画の一番の見せ場は、探偵と高田の人間ドラマ。男同士の友情みたいなことを、いい大人になってもやり続けている2人の面白さなんです。そんな2人の何気ない会話を、吉田監督はきちんと切り取ってくれるはずだと確信しています」(東映プロデューサー=須藤泰司談)。新監督のもとで、2人の進化したケミストリーが期待される。
脚本は第1作から手がけてきた古沢良太が、原作のエッセンスを存分に散りばめつつも自由で大胆な発想でアレンジを加えた。大泉洋と何度もディスカッションを重ねじっくり練っていったという脚本は、映画らしいスケール感と共に、深い余韻を残す結末へと導いてくれる。

今度の【探偵】は、何かが違う――。

変わらぬ街。変わらぬ2人。だがシリーズ3作目にして描かれるのは、ついに訪れる探偵と高田の“別れ”……!? 探偵史上最も切ない過去を背負う依頼人は、予想だにしない方向へ2人を誘(いざな)っていく。
探偵を執拗に狙う、人の心を持たないサディスティックな悪魔。無敵を誇った高田を倒す、ありえない強者の出現。
少しずつ狂い出した、探偵と高田の歯車。そして“最後の事件”は、衝撃のクライマックスをに向けて走り出す!
これまで見たことのない『探偵はBARにいる』に、あなたもきっと涙する――。